浪速区・中央区の違法民泊事情


ここ数年大阪市中央区・浪速区中心に外国人観光客が沢山来られ、

大手ホテルなどはどこも満室が続いているようです。

そこで政府が打ち出した、「民泊法案」というものがありましたね!

民泊というのは、簡易宿泊施設のような部屋を用意し、旅行客に宿泊してもらうということをさします

その民泊をするには、事業を行う地域を管轄する行政に届け出をし、

許可を受けてからしなければならないのですが・・・

昨今、中央区・浪速区では、その許可を受けずに

違法」に民泊をする方がとても多くなっている様です。

外国人観光客の中には、しっかりとルールを守っている方がいるのですが、

一部の方は、ごみを散らかしたり、騒いだり。と節度がない方もいるようです。

民泊をしている大多数のマンションでは、「民泊禁止」としているにもかかわらず、

どんどんと民泊している業者が増え、周辺住民や、マンション管理会社、オーナー様に

迷惑をかけていることは間違いないですよね。

しかし、民泊の効果もあり、大阪市内の空室が実際に減少している、ということも事実なのです。

民泊を禁止にするのがいいのか、許可を出してあげるのがいいのか、

判断は難しいものだと思われます。

入居者の事を考えるとダメ、しかし空室を無くすためには必要だ。

とお考えのオーナー様もいらっしゃるようです。

このように大阪市中央区・浪速区の空室のお部屋は民泊に使われることも多く、

人気の物件ですと、空予定が出た段階で申し込みをするようです。

内覧せずにお部屋を止めるという事にも繋がりかねないので、

一般の引越しをお考えの皆様に影響の内容にしてもらいたいものです。。。