仲介手数料最大無料の理由は?


不動産仲介業者は従来、入居者様とオーナー様両方からの報酬で運営されてきました

下記の図の様に、大手企業を含めた従来の不動産業者は、入居者さまからは「仲介手数料」、不動産オーナー様からは「広告料(AD)」という名目でそれぞれから報酬を得ていました。

一般的な不動産仲介業者の収益の形

「仲介手数料」は家賃の1ヶ月分+消費税、「広告料(AD)」は入居者様から「保証金」「敷金」「礼金」と言った形で、ご負担いただいた金額の一部が仲介業者にか払われる事が多くあります。

こういった形態について、ネット上では仲介業者かいんちきな二重報酬を受けているかの様に書かれている記事も見受けられます。
しかし、これらの費用を仲介業者が頂くのは、従来の雑誌媒体等での出稿料、大手事業者ならフランチャイズ料が高額である事が大きな理由です。

家さがし本舗は、こういった従来の形で入居者様に多くのご負担を頂く形はよりは、まずネット中心の広告とすることで営業コストを軽くし、その分多くのお客さまに気軽に家さがし本舗をご利用いただく形で営業しています。

お金の流れ2
家さがし本舗では入居者さまのご負担を出来るだけ軽くする営業形態を実現しています

ネット時代の小規模事業者ならではの低コスト運営

不動産仲介と聞いて、誰もが耳にしたことの企業とは違い、家さがし本舗は街の小さな不動産屋さんです。

昔ならがらの不動産屋さんや、大手の不動産屋さんは、物件の広告媒体として、雑誌広告等を多く活用します。

しかし家さが本舗はフランチャイズ料金は発生せず、宣伝もネット中心とするなど、現代においては削っても良いと考えるコストを徹底してカットしています。

それにより、入居者様からの仲介手数料、保証金、敷金、礼金といったご負担を最大無料となるまで値引きすることを実現しています。