民泊で稼ぎたい人のための仲介業者の選び方


昨今全国的に増えている民泊ですが、大阪でもとても流行ってます。

個人ユーザー様が、民泊を運営しているケースが増えているようです。

民泊の契約には仲介業者にもリスクがあります。

民泊禁止物件で民泊している方を紹介してしまうと、

取引停止にされたり、違約金を支払わされたり。とリスクが大きいです。

ですが、現状民泊利用可能なマンション自体が少なく

一般の個人ユーザー様にも厳しい現状なのは理解しております。

では、どのような対応をすれば、民泊利用したいお客様にお部屋を紹介し、

尚且つ会社もリスク無くお部屋をご紹介できるのか。。

やはり、マンションのオーナー様と直接のお取引をするのが一番いいですね。

管理会社自身が民泊を運営しているケースも増えており、

オーナー様からしても、管理会社が運営しているなら

入居者に対するフォローなども任せられるので、安心ですよね。

このような不動産業者を見分ける方法を一般ユーザー様に身に着けて頂きたいです。

そして、民泊を運営しているマンションを把握し、

民泊利用可能なマンションにて民泊をして頂く。

この形が理想形になるのではないでしょうか。

確かに、駅近一等地マンションで民泊を運営すると、

沢山の方に利用して頂き、利益が増えるかとは思います。

ですが、そのマンションの入居者・管理会社・オーナー様には

迷惑にしかならないことはお分かりいただけるかと思います。

オーナー様にとっては、空室が無くなるのだから、

貸してくれたらいいやん。という気持ちもわかります。

ですが、オーナー様にはリスクも伴うのです。

マンション入居者への配慮・ゴミの対策・管理会社への対応など、

民泊利用のお部屋が増えることにより、オーナー様の負担も増えるのです。

このリスクを考えると民泊利用者の契約に反対するオーナー様が多いのです。

ですから、不動産業者は自社管理物件というものがあります。

その不動産業者が管理しているマンションで民泊利用可能なお部屋を

紹介してもらい、契約するのが、みんながWIN-WINの関係になれるのです。

その関係を度外視し、民泊禁止マンションで民泊利用をする

一部のユーザーにより、民泊というものが規制され、

様々な方にマイナスのイメージを植え付けてしまっています。

一度このようなイメージがつくと払拭するのは難しいので、

現在民泊を運営可能なお部屋を探している方は、このルールを守って

自分たちも運営のし易い環境作りを考えて頂けると、

民泊運営可能なマンションも増えてくるかもしれません!

決して民泊禁止マンションで運営しようなどと考えないで下さい。

すべての人に迷惑が掛かります。