入居前が肝心!ゴキブリ・害虫対策


当ブログの人気記事のひとつが「虫の出ないマンションに住みたい」で、実に多くのお客さまができるだけゴキブリ等の害虫の出ない賃貸住宅に住みたいと願っている事がわかります。

この記事では、主にゴキブリを中心として、契約した賃貸住宅に家財を運び込んで暮らしはじめる前にできる害虫対策をご紹介します。
あ、もちろん、入居するお家は、当社家さがし本舗でよろしくお願いします。(笑)

入居前の防虫対策が肝心

害虫対策は、家具を入れていない部屋が空の時にやっておくと、入居後には対応しするのに手間の掛かる事を楽に、そして大きな効果を期待することができます。
ぜひご参考になればと思います。

大まかに分けて対策は2つで、「ゴキブリが入って来れないように隙間を全て塞ぐ」と「バルサン等の煙式殺虫剤を炊く」です

対策1. ゴキブリが入って来れないように隙間を全て塞ぐ

隙間によっては、塞ぎにくい物もあるので、その場合は入居後に常にその付近に各種駆除剤を設置しておく対策が必要です。効果は薄れますが、ハッカ液を希釈したアロマ剤を散布するようにしておくと、駆除剤を設置し辛い場所でも使いやすいですよ。

玄関ドア
bba3550dc5b2f88c3e42677766ad6e00_s

ゴキブリは知らない間に意外に玄関や窓から入ってきます。窓は一般的なアルミサッシの物なら、締めておけば大体侵入を防げますが、ドアはよく見ると対策し辛い隙間が多い事があるので注意しましょう。
ポストの隙間も少し隙間が合いていたりするので、こちらも可能なら対策しましょう。
入居後はポスト投函されたらそのままにしないで、速やかに回収して隙間を作らない努力が必要です。

換気扇・通風口(エアダクト)
2cf46e6b2ba843fd184049142e26c73a_s

大きな穴の空いている、虫の侵入のしやすい通路です。
通風口にあらかじめ網のカバーが掛かっている事が多いですが、小さなゴキブリが入ってきやすい隙間がある事も。この場合は各種フィルターをホームセンター等で販売されているので、適宜利用してください。
入居後は換気扇を出来るだけ回しっぱなしにしておくと、侵入し辛いです。

床、壁の隙間を見つけたら入居前に修復を要請しましょう
1416d08437f4e088da32c6056c6662c4_s

隙間やひび割れは、出来るだけ内覧時に見つけたい物です。
築年数の経った物件の壁や床の端には、ひび割れ、隙間が空いている事があります。「隙間=害虫の通り道」なので、もちろここは塞ぎます。

当記事では賃貸入居のお客さまを想定しているので、これを勝手に塞ぐ事は避け、まずは管理会社や大家さんに連絡をして修復を要請しましょう。

不幸にも対応して貰えなかった場合は、はがせるタイプの修復テープ、養生テープ等で対策しましょう。

排水口
26418b5f8a584479a02783d5dcf4661d_s

ゴキブリの好む水気がたっぷりの場所なので、必ず確認しなければいけない箇所です。大きな隙間がある場合は、換気扇・通風口同様フィルターを利用します。

またキッチンや洗面所の場合はシンク下にある収納扉の中もチェックしてください。
この中にある排水パイプと収納庫内の底板の隙間処理が万全ではない場合が多いです。ここもテープで対応します。

対策2. バルサン等の煙式殺虫剤を炊く

実際は、防虫対策込みのハウスクリーニングの一部として行われている事もある、煙式殺虫剤(バルサン等)の散布は、隙間を塞いだ後に最大の効果を発揮します。
ここまでの対策はなかなか行われていないので、自身で行う必要があります。
家財を運び込む前に煙式殺虫剤を使っておく事はこのようなメリットがあります。

メリット1. 入居前だと家具や食器が無いので汚れない
77132c1d8b0064881d582f86643458c9_s

近頃の煙式殺虫剤は炊いた後も家具や食器はそのまま洗わずに使用しても問題ないとされていますが、やはり気になるので、利用後に掃除、洗浄する方が多い様です。

その点、まだ家財を搬入していない状態だと、家財の掃除の手間が一切かからないので、気軽に利用することができます。
ただし、煙式殺虫剤はゴキブリ以外の虫にも有効な事から、目に見えにくい小さな虫の死骸落ちている可能性が高いので、床や畳には一通り掃除機等かけてから家財搬入してくださいね。

メリット2. 長時間の密閉空間を実現できる
593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s

バルサンの場合、使用後2–3時間部屋を密閉しておけば良いとバルサンの公式ページに記載されていますが、それよりもある程度長い時間、出来れば1日以上密閉しておく方が良いとも言われています。

このような長い密閉空間を実現するには、既に入居している場合、旅行等で何日か家を開けるタイミングで行うしかないでしょうが、まだ住んでいない入居前なら、簡単に行う事ができます。
引っ越しで家財を運び入れる前にぜひ行ってみてくださいね。

隙間対策した上でのバルサン後の長時間密閉の相乗効果は抜群です。これであらかじめ部屋にいた害虫は全て駆除出来たと言って良いでしょう。

このように、入居前に煙式殺虫剤を利用することで、入居後ではなかなか実行し辛いレベルで高度な害虫対策を行う事ができます。

入居後の防虫対策も欠かさずに!

どうしても害虫が欲しくない場合は、常日頃から防虫対策が必須です。
決して簡単ではありませんが、せっかく見つかった新しいお家に住む前に、一手間かければ、良い新生活のスタートが切れるはずです。ぜひ快適な生活空間を手に入れてくださいね!(^^