大手不動産会社チェーンより、小さな不動産会社で探した方が良いケース


不動産物件をお探しの際に大手不動産会社で物件を探す方も多くいるのではないでしょうか。大手不動産会社と町の不動産会社で探す場合はどちらで探す方が良いのか。確認してみましょう。

売買の場合

大手不動産会社 大手不動産の場合には、全国各地に支店を持っていたりするので、遠方の物件などを探す場合にとても力を持っています。他府県などの遠方の物件を探す場合には、横の繋がりが物を言います。さらに物件の数が町の不動産とは違いとても多いです。マンションなどの区分の物件から、一棟マンションやオフィスビル、戸建て物件など沢山の物件の中からお客様のニーズに応えてくれるでしょう。ピンポイントにこの地域で欲しい!という場合にも大手不動産では物件情報があるかもしれません。

町の不動産会社 大手不動産会社とは違い、地域密着で地盤を築いている為、周辺地域の物件情報には精通しています。大手不動産会社には届かないような小さな物件の売買情報などを保有している可能性があります。地主さんやオーナーさんとの付き合いがあり、その会社を通したからこそ売買出来る!ということも少なくないのです。地域密着型ですので、他府県や遠方の物件の扱いなどは少なく、大手不動産会社に敵う事は難しいでしょう。

賃貸の場合

大手不動産会社 賃貸の場合にも、大手不動産会社は全国の賃貸物件を紹介する事が出来ます。賃貸物件の値下げ交渉は大手不動産の方が融通が利く。とされています。それは、大手不動産会社の信頼と、お客様の属性によって決められているようです。大手の紹介だからと言っても、値下げ交渉出来ない場合もありますが、値下げしてもらった。と聞くのは圧倒的に大手不動産会社の方が多いです。物件情報も多く、流通していないような情報を持っていることもあります。

町の不動産会社 地域密着型の不動産会社では、地主さんと知り合いで管理や客付を任されている所も多く、自社に来店されたお客様にのみ物件を紹介する。ということをしている会社も多いようです。実際そのような物件はとても人気が高いので入居希望者が多数訪れますので、情報を公開する必要がなかったりします。オーナーさんや地主さんに損をされないよう、お客さんを紹介してもらえるよう、情報を流通させ、客付の促進を図っている業者もとても増えてきています。一括借り上げという制度を使い、オーナー様に損をされないような仕組みを利用している会社も多いようです。


以上が売買・賃貸での大手不動産会社と町の不動産会社との違いです。費用面に関しては、会社がというよりも、その営業マンの営業方法により変わってくるので、どちらの方が良いというのは一概には言えません。

町の不動産会社で探した方が良いのは、求めている地域があり、その一部地域しか嫌だ。というようなお客様です。逆に県外など遠方の物件をお探しの場合には、大手不動産会社に依頼をする方が望ましいのではないでしょうか。