家賃滞納で夜逃げするよりも有効な方法があります


現在夜逃げをお考えの方へ、夜逃げをする前に出来ることをお教えします。

①管理会社・オーナー様に連絡
②債務整理
③現在所有している不動産等の売却

夜逃げの前にこれらの3つのパターンを試してみるのはどうでしょうか。「家さがし本舗は軽いフットワークで売買、管理を総合的に取り扱っている強みを活かして、夜逃げよりも有効な方法を紹介出来るかもしれません。」

①管理会社・オーナー様に連絡

賃貸住宅に住んでいる場合は、管理会社やオーナー様に連絡しましょう。長年住んでいる部屋であれば、相手も考慮してくれるでしょう。現状を伝え家賃を満額支払えないので一部入金し、あとは後日の支払にするなどいくつかの方法を提示されるはずです。一人で悩まず、相談する事が大切です。夜逃げをすると管理会社やオーナー様にとても迷惑をかけます。本当にどうしようもなくなった場合には、「退去します。」だけでいいので、連絡して下さい。それが無いと何も出来ませんから。

②債務整理

債務整理とは、自己破産・民事再生・過払い金請求・任意整理などのことをまとめた総称です。これらは借金を抱えている方が支払いの猶予を得たり、借金の減額、或いは借金生活からの解放される手続きの事です。夜逃げをする前に借金が無くなる手続きがあるのかどうかを確認し、借金を減額、支払いの猶予を得て再スタートする。債務整理で余裕のある生活が送れるようになるかもしれません。

③現在所有している不動産等の売却

夜逃げをしようかな。と考えていると言う事は現在借金などがあり、支払う事が出来ない状況になっていますよね。不動産など、自身の所有している車・不動産のような資産を売却し借金の返済に充てることもできます。工場などを持っていて借金を苦に自殺。というニュースがよくありましたよね。自殺をする前に、立ち止まり自身の資産の売却などを考えてください。家族に迷惑をかけたくない。と一人で悩まずに、相談しましょう。残された家族には迷惑しかかかりません。


夜逃げをするのではなく、借金を減らす、支払いに猶予を持たせる。など交渉次第にはなりますが、自身1人で悩むのではなく、家族や知り合いに助けてもらう事を選んでください。

誰にも相談出来ない。というかたは一度弊社にご連絡下さい。ご相談乗ります。一人で悩まず、話してみてください。