不動産投資のために宅建を勉強する価値はある?


昨今人気の不動産投資。始めるには銀行からのローンや、自身の預貯金などを使い不動産を保有しますよね。不動産投資は、自身が知識を高め物件の事や、利回り等をしっかりと考え、計画的な返済プランを考えておく必要があります。不動産業者に任せ購入する場合にも今後の価格の変動など予備知識として知っておく必要があります。

そこで皆様が【宅地建物取引主任士】いわゆる【宅建】の資格の勉強をすることもあるかと思われます。不動産投資は不動産業者の言いなりで購入・売却している方も予備知識として宅建の勉強をしている方が良いのではないでしょうかと考えます。

なぜかというと、特に何も問題が起こらなければいいですが、売却した物件で瑕疵が見つかり、高額な賠償請求をされることや、購入した物件にて瑕疵を見つけた際の瑕疵担保責任が免責にされていて請求できなかったりと、問題が起こることもしばしばあります。このような状況に陥った場合に自身で対応しなければならない際の知識になるからです。

何も知らず不動産屋の言いなりになっていると、オーナー様の責任なので。と「うちは関係ない」とばかりに対応されないことも起こりかねません。宅建の勉強をしているとこのようないざというときの責任の所在が分かりますし、賠償請求の権利の有無も判断できます。

何の知識もなく只々いわれるままにしているよりは、自身で解決できるものは解決できるように知識を付けれおかなければ、不動産業者に騙されていても気づくことが出来ません。何事も一緒ですが、騙されないためには、自身で予備知識を得てから始めることが必要です。特に不動産投資のような高額な投資をする際は少し勉強してからにしましょう。

頑張って貯金したお金が騙され無くなってしまい、どこにも責任を追及できなくなるような案件もある様なので、よく考え行動してくださいませ。